KGR-GMI.COM
 
開設、改装・改造、経営・運営相談実績が1,000件を突破しました。

● ゴルフ練習場経営者のための総合コンサルタントサイトです ●

● 新規開設・リニューアル・経営相談・製品開発など ●

● ゴルフ練習場に関するあらゆるご質問に無料でお答えします ●

今月のトピックス
ゴルフ練習場の開設、経営、リニューアルに関する相談を無料にて受付けております
電話03-3423-0208またはHP内の相談シートでお寄せください。

第46回ゴルフ練習場経営フォーラム開催のお知らせ
 10月30日(月)、東京・有楽町駅前の東京国際フォーラムにおいて、表記の経営セミナー及び練習場経営者交流会を行います。
 ゴルフ練習場業界の現状と今後の動向、練習場の経営戦略としては、近年問題が多発している「練習場における事故、トラブル対応」をテーマに業界の第一人者・山下修一が講演。またそれを踏まえ、個々の施設での経営の問題点を、出席者全員が対応策や解決策を討議します。主要練習場施工・関連機器メーカーも参加、新製品情報や現場での問題点に対応する。
 ハードからソフトまで、練習場経営を本音で語り合う経営者フォーラムとして毎回大好評、全国から積極的経営者が集まる、いわば前向き経営者間の経営勉強会といえます。
 参加費は練習場一名10800円。時間は13時30分〜18時。会終了後18時〜20時まで、希望者による懇親食事会があり、別途実費一名10800円。定員=55名になり次第締切。申込みは、電話03(3423)0208番。


潟Sルフスタジアムが破産手続き開始
 潟Sルフスタジアム(堀新代表、本社・東京都港区浜松町、資本金5100万円。以下「GS社」)は7月21日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。 GS社は練習場やスクール、工房などと「CMS契約」(コンテンツ管理システム契約)を結んでいたが、今年2月からGS社の資金繰りが悪化し、契約が履行されていなかった。
 施設側は、ホームページ制作やスクールソフトを、月6万円で5年間分割支払いでGS社から購入し、この契約を信販会社と結んでもらう。一方でGS社は施設のWEBサイト上(媒体)に広告を掲載し、その利用料として毎月6万円を5年間にわたり、施設側に支払う。つまり、実質負担なしでHPやスクールソフトが取得できる仕組みで、約1300施設(内練習場400施設)と契約していた。破産管財人は島田敏雄弁護士(電話03・6206・1348)。負債総額は50億円を上回るものとみられる。

ゴルフ練習場データの公開
◎ゴルフ練習場の景気動向と経営指標
2017年「全国ゴルフ練習場の経営調査結果」データを公開しています。2017.7/18更新(各種データと分析をクリックしてください)

◎2015年度(2015.4〜2016.3)「全国ゴルフ練習場の施設数と利用状況」を公開しています。2017.1.18更新(各種データと分析をクリックしてください)

実施中のキャンペーン
◆「練習場の防災マニュアル」整備キャンペーン◆
 東日本大震災の教訓及び、度重なる台風、今後も各地で予測されている地震、異常気象などの自然災害に対し、練習場の事前の対策、到来時の行動指針をマニュアル化した「ゴルフ練習場の防災マニュアル」を作成しました。
 月刊「ゴルフレインジ」ご購読練習場には無償にて配布しています。

◆「練習場の利用約款」整備キャンペーン◆
 「暴力団排除条例」の全国的な施行への対応、練習場で起こりうるトラブル防止策として「利用約款」及び個人情報保護法に対する「プライバシーポリシー」のモデルケース(雛形)を作成しました。これらの整備は、いざという時、練習場が危険、危難を回避する大切な事前対策です。月刊「ゴルフレインジ」ご購読練習場には無料配布をしております。
 ※ご購読のお申し込みは「ケージーアール出版」内にあります。









 
ボール

HOME